株式会社アトリエロングハウス 長屋恵美子プロフィール モードフィッターとは ショッピング
モードフィッターとは
photograph: masao okamoto
トップ > モードフィッターとは > 補正とは
 
モードフィッターとは
補正とは
微調整の必要性
ながやごろく
alteration
既製服と着る人をイメージとして捉え、双方の意思を汲み取って微調整しながら、全体として美しく見せる感性が補正には必要です。こうした考え方はインポート・ブランドの補正ではすでに浸透し、定着しています。というのも、ヨーロッパの洋服は素材のニュアンス、雰囲気、風合いなどを着るものとして、素材に対する強いこだわりを持っています。その影響を受けてきた既製服は多種多様な素材が使われ、日々新しい素材が登場しています。
同じ洋服でも、既製服(プレタポルテ)ては、洋服に体を合わせたピンワークを行い、注文服(オーダーメイド)では、体型に洋服を合わせたピンワークを行うという点で大きな違いがあります。(とくにオーダーメイドは、そのお客さまのためだけにつくるオリジナルであり、仮縫いの段階でラインづくりのためのピンワークを行います。)
こうした特長を持つ既製服に対し、単に着る人の体に合わせたピンワークを行っているだけでは、優れた既製服の特長が失われてしまいます。デザイナーの意図する”体型をカバーしながら美しく見せるライン”を崩すことなく、着る人のイメージやバランスを考慮しながら微調整すること。それが補正であり、部分的な寸法重視のお直しと大きく異なる点です。
既製服と着る人をイメージとして捉え、双方の意思を汲み取って微調整しながら、全体として美しく見せる感性が補正には必要です。こうした考え方はインポート・ブランドの補正ではすでに浸透し、定着しています。というのも、ヨーロッパの洋服は素材のニュアンス、雰囲気、風合いなどを着るものとして、素材に対する強いこだわりを持っています。その影響を受けてきた既製服は多種多様な素材が使われ、日々新しい素材が登場しています。
着る人の体型をカバーする既製服だからこそ素材にこだわり、重視するのであり、素材のニュアンスとデザインを融合させたところにデザイナー独自の意図が息づいています。その中にあって補正の概念と技術もまた、素材やデザインの進化とともに、より高度なレベルが問われます。
photograph: masao okamoto
銀座三越 リフォームサロン アトリエ ロングハウス
 〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越4F
 ご予約・お問合せは、 03-3562-7012
 営業時間:銀座三越の営業時間はこちらをご覧ください。


笹塚アトリエ 
 株式会社アトリエ ロングハウス (京王線「笹塚」駅、下車1分)
 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-56-6-6F
 TEL. 03-6276-1418 FAX. 03-6276-1419
 info@longhouse-jmfan.com
 営業時間:平日10時〜19時 定休日:月曜、日曜、祝日


・長屋恵美子フィッティング・ピンワークシステム
 完全予約制
 ピン打ち及びご相談料20%別途頂戴いたします。
 ご予約・お問合せは、銀座三越 リフォームサロン アトリエ ロングハウス03-3562-7012
 詳細はこちらをご覧下さい。
ページトップへ
 
Copyright © 2005 Atelier Longhouse,Inc. All rights reserved.
Privacy Policy
 
EMIKO NAGAYA HOME ABOUTUS RECRUIT CONTACT SITEMAP